阪神電鉄武庫川線東鳴尾駅なら5分、武庫川駅で10~15分にあるスポーツによるケガやダイエットでお悩みの方は兵庫県西宮市「ながみ整骨院」へ。

ながみ整骨院

兵庫県西宮市の整骨院
「ながみ整骨院」

ツライ痛み、気になる身体の違和感、ガマンせずにながみ整骨院にご相談ください

HOMEお知らせ > 手指の関節の痛みは腱鞘炎かも!?

お知らせ

手指の関節の痛みは腱鞘炎かも!?

2018.9.6

こんにちは!わかくさ院の山本です。

最近、パソコンやスマホを使う方が増えてきて、それに伴い増えてきたのが腱鞘炎!!

今この記事を見ているアナタの指は悲鳴を上げていませんか?

 

そもそも腱鞘炎とは…

手の筋肉と手の骨を結びつけるのが「」です。

その腱が動くことで、手指を曲げたり伸ばしたりすることができます。

この腱は、骨から離れないように所々でベルトのような組織「腱鞘」で押さえられています。

手指を曲げ伸ばしする時には、腱がベルトの役割の腱鞘の中を往復するように移動します。

 

そして、この腱鞘が何らかの原因で硬くなったり厚くなったりして、

腱鞘の中を通過する腱と腱鞘がこすれ合い、そこで炎症が起こり痛みが現われるのが腱鞘炎です。

<腱鞘炎になりやすい方>

・パソコンやスマホの作業が多い方、文字をよく書く方(筆圧が強い)、

手をよく使う仕事の方、楽器を演奏する方など手指をよく使う方

・更年期以降の女性、妊娠又は出産期の女性の方は、

女性ホルモンの影響で腱鞘炎になる方もいらっしゃいます。

・糖尿病の方、人工透析を受けている方、関節リウマチの方も症状が出やすいです。

 

腱鞘炎を重症化させない為にも早期からの安静や固定が必要となってきます。

...ですが、指なんで使ってしまうと思いますので、

当院では痛みを引き起こす原因を解消させる為、日常生活での改善点なども、

治療と併せてお伝えさせていただきます。

 

ながみ整骨院わかくさ院  tel:0798486868

Scroll Up